ヒアルロン酸注射の効果> ヒアルロン酸とスキンケア > ヒアルロン酸と肌の関係


ヒアルロン酸と肌の関係

ヒアルロン酸は赤ちゃんの様なみずみずしい肌を実現するのを助けます。
お肌のキメを細かくしたりアトピーの改善、大人にきび、しわ、たるみ、保湿、乾燥肌、敏感肌、関節痛などに効果があります。

人間の体は約70%が水分でできていて、その水分は大部分が細胞内と細胞の周りに存在します。
ヒアルロン酸特に真皮に多く存在していて、細胞外にある水分は、ヒアルロン酸やコンドロイチンなどのムコ多糖類という粘々した物質でジェル状になって 体外に流れ出さないようになっています。
赤ちゃんは、くヒアルロン酸が多く水分の割合が多いために赤ちゃん特有のみずみずしいお肌になれるのです。
ヒアルロン酸は、大人になるにつれ徐々に減ってきます お肌に含まれるヒアルロン酸量だけをみても大人は子供の1/20くらいにまで減ってしまいます。
これが年齢と共にお肌のみずみずしさが失われていく原因の1つになっているのです。


皮膚は3層に分かれており表皮、皮下組織、真皮という構造になっています。
皮下組織の基底細胞で生まれた皮膚細胞が垢やフケとなって表皮から剥がれるまでの期間は、45日が理想とされています。
ヒアルロン酸は、水分をジェル化して細胞と細胞の間を埋めていますが、痒みなどが原因で皮膚が引っかかれたりする時、ヒアルロン酸を含むジェルがクッションのような役割をし、細胞が傷つくのを防いでくれます。
ヒアルロン酸は、より強い物理的な刺激にも耐えられるクッションのような構造になりますので、細胞が傷ついたりして炎症が起こることも少なくなります。
ヒアルロン酸の摂取によって正常な角質層を形成することで、炎症などのトラブルの少ないお肌を手に入れることが可能になります。

ヒアルロン酸が減ると、水分維持が難しくなり肌のシワやたるみが目立ちはじめ、コラーゲンやビタミンCを補給してもヒアルロン酸が不足していては、肌の保湿やハリは回復できません。

また、今人気のプチ整形などでもヒアルロン酸注入法として幅広く活躍しています。



前の記事:
次の記事: ヒアルロン酸とは »
HOME: ヒアルロン酸注射の効果




 

Copyright © 2006 ヒアルロン酸注射の効果. All rights reserved