ヒアルロン酸注射の効果> ヒアルロン酸とスキンケア > ヒアルロン酸の働き


ヒアルロン酸の働き

ヒアルロン酸は、私たちの体内や医薬品に含まれ、からだの中で以下のような役割を果たしています。

・皮膚の乾燥・老化の防止
ヒアルロン酸真皮に多く含まれ、水分を保持します。
ヒアルロン酸が多く含まれていると水分が十分に保たれ、皮膚の表面も潤います。逆にヒアルロン酸が減少して水分が少なまなると、肌の張りがなく皮膚の表面も乾燥してしまいいます。

・皮膚の保護
また、ヒアルロン酸は細胞と細胞の間に多く存在して、水分の保持やクッションのような役割で細胞を守っています。
細胞が壊された時や強い炎症が起こった時に細胞を修復する機能があると言われています。
その現象によって作用するヒアルロン酸の分子量(ヒアルロン酸の長さ)は様々であると言われています。

・関節痛の緩和
関節液、関節軟骨などに含まれ、潤滑作用(骨と骨の間の滑りをよくする)や緩衝作用(クッションとしての役割)など、関節の動きを良くする働きをしています。

・目の弾性と張りを保つ
硝子体に多く含まれ、緩衝作用や組織形状の維持(目の形の維持)をしています。

ヒアルロン酸にはそのほかにも以下のような役割があります。
・免疫機能の正常化
・脳の若返り
・生理機能の改善
・血管の弾性と張りを保つ



前の記事: « ヒアルロン酸とは
次の記事:
HOME: ヒアルロン酸注射の効果




 

Copyright © 2006 ヒアルロン酸注射の効果. All rights reserved