ヒアルロン酸注射の効果> ヒアルロン酸を知ろう > ヒアルロン酸の用途


ヒアルロン酸の用途

ヒアルロン酸スキンケアでお肌に重要な物質です。
しみしわを防ぐ保水力が一番ですが、ヒアルロン酸はその他にもいろいろな用途があります。

健康食品や美容食品、化粧品、医薬部外品の添加物として、また、医薬品の主原料として使用されています。
特に化粧品、医薬品ではその特性が活かされています。

保水力に優れるヒアルロン酸は、皮膚の潤いを保つ化粧水、スキンクリーム、入浴剤などに使用されています。
また、洗口液、洗眼液にも含まれています。

化粧品には保湿剤としてクリーム、乳液、美容液、口紅、リップクリーム、アイシャドウ、アイライナー、マスカラ、ほお紅、ファンデーション、頭髪用化粧品、シャンプー、リンスなど広く使用されています。

化粧品にはヒアルロン酸ナトリウムの形で配合されています。
皮膚によく吸収されてのびがよくべとつかず、角質層の水分量を高め、しかも湿度に左右されず保湿性を一定に保つ特性を持つためです。
ヒアルロン酸のナトリウム塩は白色〜淡黄色の粉末で、わずかに特有のにおいがあります。
ヒアルロン酸ナトリウム液になると無色で粘調な液体でにおいはわずかにのこります。
ヒアルロン酸と同様に保水性や浸透性に優れ、皮膚にハリを与え、なめらかにする効果があります。

関節機能改善剤、眼科手術補助剤、点眼剤などに、純度の高いヒアルロン酸が使用されています。
医薬品では保水力のみではなく、さまざまなヒアルロン酸の特性が活かされています。
他にも癒着防止剤、創傷治癒剤などとしても応用されています。

ヒアルロン酸を用いている医療用医薬品の中に、関節機能改善剤があります。
これは、関節内にヒアルロン酸を注射で投与するものです。
膝や肩の痛みが起こる、「変形性膝関節症」と「肩関節周囲炎(いわゆる五十肩)」への治療に使われています。


ヒアルロン酸を用いている眼科手術補助剤は、白内障手術や全層角膜移植術に使用されています。
ヒアルロン酸の持つ粘弾性により傷つきやすい細胞を保護すると共に、手術する空間を広げることを目的に使われています。

ヒアルロン酸はアトピー性皮膚炎の改善にも使われています。
ビオチンや必須脂肪酸、亜鉛などの栄養摂取による根本的なアレルギー改善と並行して皮膚形成の正常化を行い丈夫にするという方法が多いようです。
皮下組織の基底細胞で生まれた皮膚細胞が垢やフケとなって表皮から剥がれるまでの期間は、45日が理想とされていますが、アトピー性皮膚炎の場合は15日くらいになってしまいます。
アトピー性皮膚炎の方の皮膚には、ヒアルロン酸が少ない場合が多いことが判っています。
低分子のヒアルロン酸を長期摂取することでアトピー性皮膚炎が改善すると考えられています。



前の記事:
次の記事: ヒアルロン酸の性質 »
HOME: ヒアルロン酸注射の効果




 

Copyright © 2006 ヒアルロン酸注射の効果. All rights reserved