ヒアルロン酸注射の効果> ヒアルロン酸を知ろう > ヒアルロン酸の原料


ヒアルロン酸の原料

ヒアルロン酸は動物由来のものとバイオテクノロジーを利用して得られる方法のもの2種類の方法があります。

動物由来のヒアルロン酸の殆どは鶏のトサカが原料です。
鮭抽出物から精製されるヒアルロン酸もあります。

日本では鶏のトサカを食べる習慣はありませんが、ごく一部のフランス料理や中国の宮廷料理に使用されています。
分離精製など複雑な工程を経た天然ヒアルロン酸は品質は高く、非常に高価な原料となり高級化粧品に使われます。
一部で鶏由来のヒアルロン酸が敬遠されていましたが、鶏由来が敬遠され出した理由は鳥インフルエンザの風説による影響が大きいようです。


最近主流となってきているのが微生物利用の発酵法の物です。
動物由来のヒアルロン酸と化学的には同じ「バイオヒアルロン酸」の生産が実用化さた為です。

バイオのヒアルロン酸は、化粧品用の原料です。
バイオのヒアルロン酸は、一般に「溶血性連鎖球菌」と言う病原菌を原料としています。
化粧品用のヒアルロン酸は、溶血性が認められないこと、溶血性悪鎖球菌が残留していないこと、の2つを証明しないと、化粧品に使用してはならないことが、法的に定められています。
しかし化粧品用のヒアルロン酸は病原菌から製造しているので食品として直接□に入れてはいけません。



前の記事: « ヒアルロン酸の性質
次の記事: ヒアルロン酸の歴史 »
HOME: ヒアルロン酸注射の効果




 

Copyright © 2006 ヒアルロン酸注射の効果. All rights reserved