ヒアルロン酸注射の効果> ヒアルロン酸を知ろう > ヒアルロン酸の歴史


ヒアルロン酸の歴史

ヒアルロン酸は1934年に米国コロンビア大学教授のMeyerらによって牛の目の硝子体から初めて分離されました。
ギリシャ語のHyaloid(硝子体)、多糖体の構造単位であるUronicacid(ウロン酸)より、Hyaluronicacid(ヒアルロン酸)と命名されました。
その後、1986年には多糖体の国際命名法により「Hyaluronan(ヒアルロナン)」という言葉が導入されています。
ヒアルロン酸ナトリウムの構造式はN-アセチル-D-グルコサミンとD-グルクロン酸の二糖を反復構造単位とする直鎖状の多糖類です。
からだの中のヒアルロン酸は通常分子量数百万の高分子として存在し、動物種による構造の違いは確認されていません。



前の記事: « ヒアルロン酸の原料
次の記事:
HOME: ヒアルロン酸注射の効果




 

Copyright © 2006 ヒアルロン酸注射の効果. All rights reserved