ヒアルロン酸注射の効果> ヒアルロン酸と関節痛 > ヒアルロン酸と関節


ヒアルロン酸と関節

ヒアルロン酸は関節痛、ひざの痛みの緩和に使われています。
ヒアルロン酸は関節液、関節軟骨などに含まれ、潤滑作用(骨と骨の間の滑りをよくする)や緩衝作用(クッションとしての役割)など、関節の動きを良くする働きをしています。
関節軟骨とは関節がよく働き、また重い体重を受けられるように、骨の端を弾力性のある物質が覆っています。
関節軟骨は、コラーゲンという硬いたんぱく質がスポンジのような構造をして、その間にコンドロイチン硫酸とケラタン硫酸というコンニャクのような物質がたくさん詰まってできています。
この構造のおかげで、関節軟骨は大きな衝撃にも耐えられる構造をしています。

関節軟骨をつくる軟骨細胞は、軟骨内に分散していますが、細胞の周辺に少量のヒアルロン酸があります。

ヒアルロン酸は、体の中で滑膜の細胞が関節液とともに生産します。
関節を曲げる、関節を圧迫する、などの際にヒアルロン酸は、関節軟骨の表面と表面の間で圧縮されます。
ヒアルロン酸が圧縮されることで、関節面を接触しないように押し広げる働きをしています。
このようにしてヒアルロン酸は関節軟骨の表面を摩擦により擦り減るのを防いでいます。



前の記事:
次の記事: ヒアルロン酸とひざの痛み改善 »
HOME: ヒアルロン酸注射の効果




 

Copyright © 2006 ヒアルロン酸注射の効果. All rights reserved