ヒアルロン酸注射の効果> ヒアルロン酸と関節痛 > ヒアルロン酸とひざの痛み改善


ヒアルロン酸とひざの痛み改善

ひざの痛みで多いのは変形性ひざ関節症です。
加齢とともにひざ関節の関節液(関節の周囲を満たす液体)のヒアルロン酸の濃度が低下することてひざの痛みが起こります。
変形性ひざ関節症や関節リウマチでは関節液の主成分であるヒアルロン酸が酵素の力で壊されてしまうのです。
ひざ関節にヒアルロン酸を注射して、関節液のヒアルロン酸濃度を高め、ひざの痛みをやわらげる治療が行われています。
ヒアルロン酸注射は関節機能改善剤を関節内に投与するものです。
関節機能改善剤には純度の高いヒアルロン酸が使用されています。
ヒアルロン酸注射は肩関節周囲炎(いわゆる五十肩)の治療にも使われています。
ヒアルロン酸注射での治療は、1週間に1回、5週連続して注射し、痛みが治まればそこで治療を終了します。
痛みが続く場合は、その後2〜4週間ごとに1回の割合で注射を行います。
多くは、治療開始から2〜3週間後には炎症が治まってくるようです。
痛みで歩けなかった人が、積極的に外出できるようになるケースもあります。



前の記事: « ヒアルロン酸と関節
次の記事: 関節リウマチの症状と治療 »
HOME: ヒアルロン酸注射の効果




 

Copyright © 2006 ヒアルロン酸注射の効果. All rights reserved